ストレスとホルモンの関係

ストレスとホルモンの関係
人間がストレスを感じたストレス系のホルモンが分泌されて精神や身体の状態が変化します育児や介護などで疲れているときにはこういったホルモンが分泌されている可能性がありますただしストレスに関係するホルモンといっても一種類ではなくいくつかの種類がありますそこで今回はストレスとホルモンの関係について解説してみましたアドレナリン人間がストレスを感じた際にまず副腎皮質から分泌されるホルモンがアドレナリンですアドレナリンは基本的にピンチに追い詰められた時に分泌されるホルモンとなりますそのため危険な局面から逃れるために全身を攻撃および防御に備えた状態にする働きがあります具体的にはアドレナリンが分泌されることで体温が上昇し血圧や血糖値も上がっていき心拍数や呼吸数が増大するという作用がありますしかしアドレナリンの分泌は人体にとって弊害もありますその弊害とはアドレナリンが分泌されると体内の免疫力が低下して病気にかかりやすくなるという副作用があることですというのもアドレナリンの働きによる異常な状態が続くと血管や細胞は疲労してしまいその結果抵抗力が低下してしまうためですノルアドレナリンノルアドレナリンも強いストレスを感じたりピンチに陥った時に分泌されるホルモンでその働きはアドレナリンと似ていますが相違点もいくつかありますまずアドレナリンが副腎皮質で作られるのに対してノルアドレナリンは主に脳で作られますまたアドレナリンは主に身体に対して作用しますがノルアドレナリンは精神をはっきりと覚醒させるといった具合に主に脳内の働きに作用していく点も異なっていますノルアドレナリンの大量分泌による副作用としては情緒不安定になったり不眠症に陥るといった弊害が起こる可能性がありますコルチゾールコルチゾールもストレスを感じた際に副腎皮質から分泌される点でアドレナリンと共通点があります具体的な働きとしてはアドレナリンと同じく血圧や心拍数の上昇精神の覚醒作用といったものですただコルチゾールは長期的に作用する点がアドレナリンと異なっていますアドレナリンはピンチの時に分泌されるホルモンなので短時間で効果は終了しますしかしコルチゾールは長期にわたって作用するので体内に様々な影響を及ぼしますまたアドレナリンと同じく体内の免疫力を低下させるという副作用があるのでコルチゾールが長期間高濃度で分泌されている状態は身体には良くありませんストレスホルモンとサプリストレスホルモンに関係するサプリはホルモンの分泌を抑えるタイプのものが多くを占めています精神的に不安定な状態が続くときにはこういったサプリを試してみるのも良いでしょう人間のストレスに関わるものとしてストレスホルモンといわれるものは上記の3種類が代表的なものとなりますどのホルモンも生命力の維持には大切なものですしかしストレスホルモンは長時間大量に分泌されると健康を害するリスクがあるのでストレスをなるべく溜めない生活を心がけるようにしましょう

妊娠を機に、女性のホルモンは激変していく

妊娠を機に、女性のホルモンは激変していく

出産は女性にとっては時にはご自身の命にまで関わってくる大変な仕事ですこの妊娠から出産そして産後のホルモンバランスの変化について理解をしておく事は産後の体系の戻りや体調の変化に気づく大変大切な事です先ず通常の女性の身体には2つのホルモンが分泌されておりますプロゲステロンとエストロゲンと言われるホルモンですこの2つのホルモンの働きによって生理周期が保たれております妊娠後にはこの2つのホルモンの分泌がより活発になりプロゲステインは母体と胎児を繋ぐとても重要な胎盤を作り上げたり子宮の収縮を和らげ流産を防いだりします一方のエストロゲンは子宮を大きく成長させたり母乳を運ぶ乳管を発達させる働きを持っており妊娠から出産産後の母体の健康や生まれてきた赤ちゃんの為に働いてくれております但しこれらのホルモンは出産を終えた直後からその分泌量を大きく低下させて行きます一方赤ちゃんが生まれた後は母乳分泌の働きを持つプロラクチンと言うホルモンには母乳分泌作用の他に排卵抑制の作用や生理その物の再開を遅らせると言う働きを持っておりますこれらの事から妊娠出産前と産後では女性の身体のホルモンバランスは大きく変化する事になりますそのホルモンバランスの大きな変化に伴い特に産後の女性の身体には次の様な症状が現れてきます先ず代表的な症状としては抜け毛です妊娠前の一般女性でもエストロゲンと言う女性ホルモンが分泌されておりますが産後の女性の場合その分泌量が一気に減ってしまいその結果抜け毛が非常に多くなってしまいます次に肌のかゆみや湿疹かさ付き等が起こりやすくなりますこの症状もホルモンバランスが元に戻る前に起こります更に女性にとって最も気になるのが体系の変化です特に産後のお腹は赤ちゃんを守る為に大きくなっていた出産後はたるんでしまい体系が戻らないと言った悩みを持たれている方が非常に多いですこのたるみを解消する為に大切な事は何といっても母体の回復状況に合わせた対策を行って行く事ですこれは産後すぐ産後1カ月産後6カ月等と言った区切りを設けその時の母体の状態を確認しながらステップアップして行く方法です産後すぐの場合には体調に問題が無い事を確認したうえで産褥体操さんじょくたいそう等を取り入れ徐々に身体を動かすようにしますその後1ヶ月目頃からは簡単なエクササイズやウエストやヒップ等への効果のあるストレッチ体操を取り入れます骨盤ベルトを使い妊娠や出産で大きく開いた骨盤を元の状態に戻す事も大切ですとにかく妊娠出産では女性の身体は非常に負担が掛かりますので産後は決して無理をしないように心掛けます最後にサプリメントについてですが妊娠期間中は勿論の産後の授乳期間中のサプリメントの服用は控える様にしましょうサプリメントは健康食品として様々な物が販売されており産後のダイエット等への効果が期待できる反面副作用についてはその関連性等もはっきり検証ができていない面がある特に赤ちゃんへの影響が大変懸念されます

出産、産後、妊娠、女性はホルモンに振り回されている

出産、産後、妊娠、女性はホルモンに振り回されている

女性は妊娠出産によってホルモンバランスが大きく乱れることがあります妊娠中の女性は体内で2種類の女性ホルモンエストロゲン・プロゲステロン分泌量が増加しますエストロゲンは卵胞ホルモンともよばれます妊娠中に分泌量が増加し肌の調子を整えたり脂肪の代謝を活性化させて内臓脂肪を減らすはたらきがあります産後はこのエストロゲンの分泌が一気に低下するため代謝が悪くなり痩せにくくなったと感じる人が多いようです体系が戻らずに悩む原因になりますこのような人に効果的なのが大豆イソフラボンのサプリメントです大豆イソフラボンにはエストロゲンと似たはたらきをする作用があります大豆イソフラボンのサプリメントを飲むことで代謝が良くなりますまた産後に体系が戻りにくい理由はもう一つあります妊娠中に増加したプロゲステロンが減らないことですプロゲステロンは黄体ホルモンとよばれ妊娠中に分泌量が増加します胎盤や子宮内膜などに作用し妊婦の体にかかせないホルモンです産後はエストロゲンと同時に減少することが多いのですが産後もプロゲステロンが減少しないケースもみられますプロゲステロンには水分を溜め込んだり血糖値を上昇させたり食欲を増進させる作用がありますそのためむくみの原因になったり産後体系が戻りにくい原因になりますこのむくみを解消するには塩分を控えた食事をすることが大事ですインスタント食品や味の濃い食事は控えましょうまたカリウムには体内の余分な水を排出するはたらきがあり全身のむくみを解消しますカリウムは食品ではほうれん草さわら甘栗などに多く含まれます食事で摂取するのが難しい場合はカリウムを手軽に摂取できるプリメントの摂取が有効です近年注目されているのがプラセンタよばれるサプリメントですこれは胎盤由来の成分で市販のサプリメントには動物の胎盤が原料になってます産後のホルモンバランスの乱れを整える効果があり産後に多い肌荒れや抜け毛にも効果がありますまたアンチエイジングや更年期障害にも効果があるとされています個人差はありますが女性は出産によって必ずホルモンバランスの大きな変化が起こります産後は育児の疲れで睡眠や食事もままならないことも多いですがサプリメントで栄養を補い体調を整えていきましょう

更年期障害はホルモンが原因

更年期障害はホルモンが原因

ホルモンバランスが崩れると身体に様々な不調が現れてきます意欲低下うつ症状慢性的疲労感不眠症女性であれば月経に関する問題肌のトラブル更年期男性であれば薄毛抜け毛男性更年期障害などです更年期障害の主な原因はホルモンバランスが崩れる事によるものとも言われています加齢により閉経を迎え卵巣からのホルモン分泌が少なくなることによりホルモンバランスが崩れ様々な症状を引き起こします更年期障害の予防と改善にはホルモンバランスを整えることがなによりも有効です崩れたホルモンバランスを整えるには栄養バランスのとれた食事適度な運動十分な睡眠が欠かせませんさらにホルモンバランスは自律神経のバランスと深い関係がありますからホルモンバランスを崩せば自律神経のバランスも崩れ片方が崩れるともう片方も崩れ片方を整えていくともう片方も整ってくるという関係なのですホルモンバランスを整えるには同時に自律神経のバランスも整えていくという視点を持つことが相乗効果により両者のバランスが整いやすくなる事につながります食事ホルモンバランスの視点体内でエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれている大豆製品エストロゲンの代謝に働きかけホルモンバランスを整えるビタミンB6を含むカツオやマグロホルモンの分泌をコントロールする働きのあるビタミンEを含むカボチャやナッツ類をなるべく食べるようにしますビタミン類はサプリで摂取すると継続しやすくなります自律神経のバランスの視点腸内に留まる時間が長く副交感神経優位にする食物繊維の多い食品自律神経のバランスを整える効果のある酸っぱい食品発酵食品を食事に加え胃を温める生姜湯紅茶等の飲み物を飲むようにします運動どんな運動もホルモンバランス自律神経のバランスを整える効果がありますがきついと感じる強度で行うとストレスになり自律神経のバランスを崩す事になるため楽にできる範囲でとどめることが大切です睡眠ホルモンバランスの視点睡眠導入ホルモンであるメラトニンを睡眠前にしっかりと分泌させておくことがホルモンバランスを整え睡眠の質を高める鍵になりますメラトニンの分泌を調整しているのは目に入る光の量ですから夜はなるべく明かりを落として過ごしスマホやテレビは少なくとも寝る30分前には控える事が必要ですそして朝には必ず太陽の日差しを浴びることを習慣にしますメラトニンの分泌は朝の日差しを15時間後にピークになるとされていますからその日の睡眠の質を高めるために大切になります自律神経のバランスの視点夕方家に帰ってからはなるべくゆっくり動きゆっくり噛んで食べゆっくり話すように心がけますゆっくりとした行動は自然と深い呼吸を生み深い呼吸は副交感神経を優位にするのです腹式呼吸を意識するとより一層効果は大きくなります寝る1時間くらい前にシャワーではなくお風呂に入り血行を促進させて副交感神経を優位にします睡眠の質を高めるには副交感神経が最も働く睡眠中のための準備をしておくことが有効なのです

ホルモン補充療法は乳がんの治療

ホルモン補充療法は乳がんの治療
ホルモン療法とは簡単に言えば乳がんの治療ですなぜ乳がんの治療にホルモン療法があるのかといいますとまず乳がんの7割がホルモン受容体陽性乳がんホルモン感受性乳がんホルモン依存性乳がんと呼ばれています女性のホルモンにエストエロゲンというホルモンがありこのエストロゲンが刺激を与える事により乳がん細胞が増えていきますなのでこのホルモンが刺激を与える部分に蓋なし刺激場所をなくしてしまう治療をホルモン治療と言いますほかの治療とは少し異なり長い時間がかかります術前に6か月かかり術後も治療が必要な術後を合わせると5年近くの治療期間が必要になってきます蓋などに使うのが薬なのですがこれは閉経前と後によって使う薬が変わってきますその理由としては閉経前と後では女性ホルモンを作る場所が変わってしまうのでその場所に適した薬が必要な為に使う薬が違うのです閉経前は主に卵巣からエストロゲンが分泌されるますまた閉経後は副腎皮質からでる男性ホルモンが脂肪細胞にあるアロマアーゼという酵素によってエストロゲンに変化しますなので閉経前は卵巣にエストロゲンを作らないようにする薬を閉経後はアロマターゼが働かないようにする薬を使います閉経ひ関係なく抗エストロゲン剤は使用できます閉経前は抗エストゲン薬+卵巣に効く閉経後は抗エストロゲン薬+アロマターゼが働かないようにする薬を使用して治療していく形になります途中で閉経になった場合は途中で使用する薬を切り替えて治療は継続していく形ですこの薬の選択には閉経の確認が重要になってきます抗ガン剤の治療により月経が止まり閉経する人もいますが月経が戻る人もいます薬で止まったように見えている人にアロマターゼが働かないようにする薬を投与しても実際は卵巣からエストロゲンが出ているの効果がありませんきちんと血中のエストロゲン濃度を検査して閉経の確認を明確にしてからの薬の選択が重要になってきますここで副作用についてもきちんと理解をといた方がいいです治療なでいいことばかりではなですもともとエストロゲンには自律神経感情の動きや脳の動きを整える基礎体温を下げる骨の形成を促し血管収縮を抑制するなどの働きがありますホルモン療法はエストロゲンの量を減らす治療方法ですから上記に書いたエストロゲン本来働きも低下してきますその中で乳がん患者の5割が感じる副作用がホットフラッスです更年期障害とも言われていますが気分の落ち込みイライラ頭痛ほてりのぼせ発汗などの様々な症状がでてくる事がありますまた治療期間が長いので症状が軽くてもつらいときやイライラする事もあると思いますその時は先生に相談するなりして副作用とうまく付き合って行ってくださいホルモン療法で太るりやすいについてですが薬の副作用に食欲増進脂肪吸収促進などの薬があるたくさん食べやすくなったり少量でも脂肪吸収が促進され体に脂肪がたまりやすい状況になり太る事があると考えらています傾向的には痩せている人にはあまり体重増加は見られずもともと太っている人に体重増加がみられる事が多いみたいです乳がんのエストロゲンホルモン治療でが大体5年間投与で10万円前後と言われています治療期間が長く気力体力共にきつい時期が必ず訪れますしかし治療できないままなんの手立てもなくなく亡くなられて行く人もいれば治療を受ける事が少しでも生きてると言う希望に繋がると思います家族のサポートや医師とのコミニケションをとり長く険しい道の先には明るい未来が待っていると信じ治療にあたっていってください