ホルモン補充療法は乳がんの治療

ホルモン補充療法は乳がんの治療
ホルモン療法とは簡単に言えば乳がんの治療ですなぜ乳がんの治療にホルモン療法があるのかといいますとまず乳がんの7割がホルモン受容体陽性乳がんホルモン感受性乳がんホルモン依存性乳がんと呼ばれています女性のホルモンにエストエロゲンというホルモンがありこのエストロゲンが刺激を与える事により乳がん細胞が増えていきますなのでこのホルモンが刺激を与える部分に蓋なし刺激場所をなくしてしまう治療をホルモン治療と言いますほかの治療とは少し異なり長い時間がかかります術前に6か月かかり術後も治療が必要な術後を合わせると5年近くの治療期間が必要になってきます蓋などに使うのが薬なのですがこれは閉経前と後によって使う薬が変わってきますその理由としては閉経前と後では女性ホルモンを作る場所が変わってしまうのでその場所に適した薬が必要な為に使う薬が違うのです閉経前は主に卵巣からエストロゲンが分泌されるますまた閉経後は副腎皮質からでる男性ホルモンが脂肪細胞にあるアロマアーゼという酵素によってエストロゲンに変化しますなので閉経前は卵巣にエストロゲンを作らないようにする薬を閉経後はアロマターゼが働かないようにする薬を使います閉経ひ関係なく抗エストロゲン剤は使用できます閉経前は抗エストゲン薬+卵巣に効く閉経後は抗エストロゲン薬+アロマターゼが働かないようにする薬を使用して治療していく形になります途中で閉経になった場合は途中で使用する薬を切り替えて治療は継続していく形ですこの薬の選択には閉経の確認が重要になってきます抗ガン剤の治療により月経が止まり閉経する人もいますが月経が戻る人もいます薬で止まったように見えている人にアロマターゼが働かないようにする薬を投与しても実際は卵巣からエストロゲンが出ているの効果がありませんきちんと血中のエストロゲン濃度を検査して閉経の確認を明確にしてからの薬の選択が重要になってきますここで副作用についてもきちんと理解をといた方がいいです治療なでいいことばかりではなですもともとエストロゲンには自律神経感情の動きや脳の動きを整える基礎体温を下げる骨の形成を促し血管収縮を抑制するなどの働きがありますホルモン療法はエストロゲンの量を減らす治療方法ですから上記に書いたエストロゲン本来働きも低下してきますその中で乳がん患者の5割が感じる副作用がホットフラッスです更年期障害とも言われていますが気分の落ち込みイライラ頭痛ほてりのぼせ発汗などの様々な症状がでてくる事がありますまた治療期間が長いので症状が軽くてもつらいときやイライラする事もあると思いますその時は先生に相談するなりして副作用とうまく付き合って行ってくださいホルモン療法で太るりやすいについてですが薬の副作用に食欲増進脂肪吸収促進などの薬があるたくさん食べやすくなったり少量でも脂肪吸収が促進され体に脂肪がたまりやすい状況になり太る事があると考えらています傾向的には痩せている人にはあまり体重増加は見られずもともと太っている人に体重増加がみられる事が多いみたいです乳がんのエストロゲンホルモン治療でが大体5年間投与で10万円前後と言われています治療期間が長く気力体力共にきつい時期が必ず訪れますしかし治療できないままなんの手立てもなくなく亡くなられて行く人もいれば治療を受ける事が少しでも生きてると言う希望に繋がると思います家族のサポートや医師とのコミニケションをとり長く険しい道の先には明るい未来が待っていると信じ治療にあたっていってください

「ホルモン補充療法は乳がんの治療」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です