更年期障害はホルモンが原因

更年期障害はホルモンが原因

ホルモンバランスが崩れると身体に様々な不調が現れてきます意欲低下うつ症状慢性的疲労感不眠症女性であれば月経に関する問題肌のトラブル更年期男性であれば薄毛抜け毛男性更年期障害などです更年期障害の主な原因はホルモンバランスが崩れる事によるものとも言われています加齢により閉経を迎え卵巣からのホルモン分泌が少なくなることによりホルモンバランスが崩れ様々な症状を引き起こします更年期障害の予防と改善にはホルモンバランスを整えることがなによりも有効です崩れたホルモンバランスを整えるには栄養バランスのとれた食事適度な運動十分な睡眠が欠かせませんさらにホルモンバランスは自律神経のバランスと深い関係がありますからホルモンバランスを崩せば自律神経のバランスも崩れ片方が崩れるともう片方も崩れ片方を整えていくともう片方も整ってくるという関係なのですホルモンバランスを整えるには同時に自律神経のバランスも整えていくという視点を持つことが相乗効果により両者のバランスが整いやすくなる事につながります食事ホルモンバランスの視点体内でエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれている大豆製品エストロゲンの代謝に働きかけホルモンバランスを整えるビタミンB6を含むカツオやマグロホルモンの分泌をコントロールする働きのあるビタミンEを含むカボチャやナッツ類をなるべく食べるようにしますビタミン類はサプリで摂取すると継続しやすくなります自律神経のバランスの視点腸内に留まる時間が長く副交感神経優位にする食物繊維の多い食品自律神経のバランスを整える効果のある酸っぱい食品発酵食品を食事に加え胃を温める生姜湯紅茶等の飲み物を飲むようにします運動どんな運動もホルモンバランス自律神経のバランスを整える効果がありますがきついと感じる強度で行うとストレスになり自律神経のバランスを崩す事になるため楽にできる範囲でとどめることが大切です睡眠ホルモンバランスの視点睡眠導入ホルモンであるメラトニンを睡眠前にしっかりと分泌させておくことがホルモンバランスを整え睡眠の質を高める鍵になりますメラトニンの分泌を調整しているのは目に入る光の量ですから夜はなるべく明かりを落として過ごしスマホやテレビは少なくとも寝る30分前には控える事が必要ですそして朝には必ず太陽の日差しを浴びることを習慣にしますメラトニンの分泌は朝の日差しを15時間後にピークになるとされていますからその日の睡眠の質を高めるために大切になります自律神経のバランスの視点夕方家に帰ってからはなるべくゆっくり動きゆっくり噛んで食べゆっくり話すように心がけますゆっくりとした行動は自然と深い呼吸を生み深い呼吸は副交感神経を優位にするのです腹式呼吸を意識するとより一層効果は大きくなります寝る1時間くらい前にシャワーではなくお風呂に入り血行を促進させて副交感神経を優位にします睡眠の質を高めるには副交感神経が最も働く睡眠中のための準備をしておくことが有効なのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です