妊娠を機に、女性のホルモンは激変していく

妊娠を機に、女性のホルモンは激変していく

出産は女性にとっては時にはご自身の命にまで関わってくる大変な仕事ですこの妊娠から出産そして産後のホルモンバランスの変化について理解をしておく事は産後の体系の戻りや体調の変化に気づく大変大切な事です先ず通常の女性の身体には2つのホルモンが分泌されておりますプロゲステロンとエストロゲンと言われるホルモンですこの2つのホルモンの働きによって生理周期が保たれております妊娠後にはこの2つのホルモンの分泌がより活発になりプロゲステインは母体と胎児を繋ぐとても重要な胎盤を作り上げたり子宮の収縮を和らげ流産を防いだりします一方のエストロゲンは子宮を大きく成長させたり母乳を運ぶ乳管を発達させる働きを持っており妊娠から出産産後の母体の健康や生まれてきた赤ちゃんの為に働いてくれております但しこれらのホルモンは出産を終えた直後からその分泌量を大きく低下させて行きます一方赤ちゃんが生まれた後は母乳分泌の働きを持つプロラクチンと言うホルモンには母乳分泌作用の他に排卵抑制の作用や生理その物の再開を遅らせると言う働きを持っておりますこれらの事から妊娠出産前と産後では女性の身体のホルモンバランスは大きく変化する事になりますそのホルモンバランスの大きな変化に伴い特に産後の女性の身体には次の様な症状が現れてきます先ず代表的な症状としては抜け毛です妊娠前の一般女性でもエストロゲンと言う女性ホルモンが分泌されておりますが産後の女性の場合その分泌量が一気に減ってしまいその結果抜け毛が非常に多くなってしまいます次に肌のかゆみや湿疹かさ付き等が起こりやすくなりますこの症状もホルモンバランスが元に戻る前に起こります更に女性にとって最も気になるのが体系の変化です特に産後のお腹は赤ちゃんを守る為に大きくなっていた出産後はたるんでしまい体系が戻らないと言った悩みを持たれている方が非常に多いですこのたるみを解消する為に大切な事は何といっても母体の回復状況に合わせた対策を行って行く事ですこれは産後すぐ産後1カ月産後6カ月等と言った区切りを設けその時の母体の状態を確認しながらステップアップして行く方法です産後すぐの場合には体調に問題が無い事を確認したうえで産褥体操さんじょくたいそう等を取り入れ徐々に身体を動かすようにしますその後1ヶ月目頃からは簡単なエクササイズやウエストやヒップ等への効果のあるストレッチ体操を取り入れます骨盤ベルトを使い妊娠や出産で大きく開いた骨盤を元の状態に戻す事も大切ですとにかく妊娠出産では女性の身体は非常に負担が掛かりますので産後は決して無理をしないように心掛けます最後にサプリメントについてですが妊娠期間中は勿論の産後の授乳期間中のサプリメントの服用は控える様にしましょうサプリメントは健康食品として様々な物が販売されており産後のダイエット等への効果が期待できる反面副作用についてはその関連性等もはっきり検証ができていない面がある特に赤ちゃんへの影響が大変懸念されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です