ストレスとホルモンの関係

ストレスとホルモンの関係
人間がストレスを感じたストレス系のホルモンが分泌されて精神や身体の状態が変化します育児や介護などで疲れているときにはこういったホルモンが分泌されている可能性がありますただしストレスに関係するホルモンといっても一種類ではなくいくつかの種類がありますそこで今回はストレスとホルモンの関係について解説してみましたアドレナリン人間がストレスを感じた際にまず副腎皮質から分泌されるホルモンがアドレナリンですアドレナリンは基本的にピンチに追い詰められた時に分泌されるホルモンとなりますそのため危険な局面から逃れるために全身を攻撃および防御に備えた状態にする働きがあります具体的にはアドレナリンが分泌されることで体温が上昇し血圧や血糖値も上がっていき心拍数や呼吸数が増大するという作用がありますしかしアドレナリンの分泌は人体にとって弊害もありますその弊害とはアドレナリンが分泌されると体内の免疫力が低下して病気にかかりやすくなるという副作用があることですというのもアドレナリンの働きによる異常な状態が続くと血管や細胞は疲労してしまいその結果抵抗力が低下してしまうためですノルアドレナリンノルアドレナリンも強いストレスを感じたりピンチに陥った時に分泌されるホルモンでその働きはアドレナリンと似ていますが相違点もいくつかありますまずアドレナリンが副腎皮質で作られるのに対してノルアドレナリンは主に脳で作られますまたアドレナリンは主に身体に対して作用しますがノルアドレナリンは精神をはっきりと覚醒させるといった具合に主に脳内の働きに作用していく点も異なっていますノルアドレナリンの大量分泌による副作用としては情緒不安定になったり不眠症に陥るといった弊害が起こる可能性がありますコルチゾールコルチゾールもストレスを感じた際に副腎皮質から分泌される点でアドレナリンと共通点があります具体的な働きとしてはアドレナリンと同じく血圧や心拍数の上昇精神の覚醒作用といったものですただコルチゾールは長期的に作用する点がアドレナリンと異なっていますアドレナリンはピンチの時に分泌されるホルモンなので短時間で効果は終了しますしかしコルチゾールは長期にわたって作用するので体内に様々な影響を及ぼしますまたアドレナリンと同じく体内の免疫力を低下させるという副作用があるのでコルチゾールが長期間高濃度で分泌されている状態は身体には良くありませんストレスホルモンとサプリストレスホルモンに関係するサプリはホルモンの分泌を抑えるタイプのものが多くを占めています精神的に不安定な状態が続くときにはこういったサプリを試してみるのも良いでしょう人間のストレスに関わるものとしてストレスホルモンといわれるものは上記の3種類が代表的なものとなりますどのホルモンも生命力の維持には大切なものですしかしストレスホルモンは長時間大量に分泌されると健康を害するリスクがあるのでストレスをなるべく溜めない生活を心がけるようにしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です